OTTO オットー(三洋電機)の魅力とは?

こんばんは。

OTTOというオーディオブランドをご存知の方は、今でも意外と多いと思います。
オーディオマニアなら、若い人以外は知ってるかな。

三洋電機が立ち上げたオーディオブランドで、いつできて、いつ消えたのかは不明です。
マイナーかつ二流三流のイメージが付きまといますが、それなりにいい物を世に送り出してきました。

スピーカーならSXシリーズ(当店にも1ペア存在)が非常に良い音していますし、
アンプもオーディオの足跡を見る限りは、なかなか充実したラインナップです。

OTTOの魅力は、デザイン性の良さと、音の癖の無さが魅力的だと感じています。
そのお陰か、結構使いやすいオーディオ機器なのです。(私の自宅のプリアンプはオットー製)

またリニアモーター式のターンテーブルの独自技術も世に放っています。
この多少間抜けなブランド名を鑑みても、日本のオーディオ業界にそれなりの足跡を残したような気がします。

私がメンテナンスとかで見る限りは、物はかなりしっかりと造られており、非常に好感を持てます。
私はこのオットーブランドが好きなのであります。

恐らくですが、当店はOTTOを日本で最も多く取り扱ってる店ではないだろうか?と思っています。
ただ、あまりに人気が無さ過ぎて今まで一台も売れていません。(マジで)

基本当店では売りにくい物でも、自分にとって魅力があれば置いたりするので、じっくりと売っていこうと思います。
安くて良い物ですので、サブシステムとしては丁度良いと思います。

OTTO(オットー)ブランドのご購入は、ノスタルジアオーディオで。
よろしくお願いします。

関連記事

PAGE TOP