なにわレトロのコンセプト

・オーディオは無理の無い範囲で楽しみましょう!!
現在のオーディオ業界は、はっきり言って異常な世界です。
オーディオ雑誌に掲載されている価格を見れば、狂ってるとしか言えない。
1つ間違えれば数百万という大金をドブに捨てる事も多々ある趣味です。
趣味だから許されるという事ではなく、実際の損失は多大になります。
そして、いざと言うときに多大なお金を無駄使いした事を必ず後悔します。
下手すりゃその後の人生や命に関わるかもしれません。
もしあなたが初心者ならば、私の言葉に必ず耳を傾けてください。
絶対に大きな失敗はしなくて済みますし、必ずあなたのお役に立てると断言します!!
私はこれまで多くのスピーカーや機器類に直接触れてきました。
なので、普通のオーディオマニアよりも知っている事もかなり多いはずです。
以下の文章は私の考えを「当店のコンセプト」として簡単にまとめてみました。

オーディオは高額信仰に陥る人ほど、ど素人が多いです。
高額なほど音が良いというのは、最もアホらしい考え方ですので直ぐに改めましょう。
あなたが一般的な年収なら、なおさらこの考えは改める必要があります。
隣の写真のようなシステムは、年収一億円ある人が組むようなシステムです。
かつて300万のアンプが、9,800円のアンプに負けたという結果が出ています。
某有名誌において評論家がブラインド(目隠し)テストを行った結果がこれです。
また海外でも同様のテストが一般人相手に行われましたが、価格が安いほうが勝ちました。
人は視覚的な情報が無いと、高額な機器の音を聴き分けられないという事実です。
そして本当に音が良いのなら、高額な方がブラインドテストでも勝てるはずです。
高価格信仰に陥ると、本当に大事な物が目に見えなくなります。
そして実際に高額な機器を自慢している人ほど、ド素人が多かったのも事実です。
あなたにとって無理の無い範囲で、最高のオーディオシステムを組みましょう。
それを私がお手伝いいたします。

・オーディオ雑誌や評論家の意見を信じてはいけない!!
オーディオ評論家を、未だに信頼し信じてる人が意外に多いのも真実。
評論家は宣伝マンという認識でいてください。
実際メーカーから金を貰って良い事を書くと言うことも普通です。
平気で雑誌の種類によっては書き方を変えますし、二枚舌も平気です。
とある有名メーカーのDAコンバーターのテストの話です。
S誌では辛口で低かった評価が、A誌で高い評価をしていた評論家がいましたよ。
低い評価がその評論家の本音であるのは、言うまでも無いですね。
評論家の意見は多少参考にする事はできるけど、絶対に信頼してはならないのです。
なので最初から信用せずに、適当に参考にする程度で良いでしょう。
それに最近のオーディオの価格は行き過ぎている感が否めません。
評論家の意見を鵜呑みにして購入していれば、金がいくらあっても足りません。

・ネットの意見を信じるのもどうかと思います。
これも結構危険な行為です。
ネット工作員(メーカーのヘルパー等)が多数いますから、ほぼ参考にできないのです。
特に価格コムとかは危険です。
安い所を調べる程度で良いと思います。
また2ちゃんは論外ですので、見ないことをお勧めします。脳が腐ります。
基本的にご自身で何が本当か見極めていただく事が一番大事だと思います。
実際に見て耳で聴いて、判断して頂きたいと思います。
そのために当店のような存在がありますので、ぜひ試聴しにきてください。
また匿名やニックネームで書いている文章ほど信用してはいけません。
本名で覚悟を持って書いている文章と、どこぞの誰かが書いた覚悟も無い出鱈目な文章、
どちらがあなたは信用できますか?

・オーディオ店の店員も信頼できるかは微妙です。
特に初心者の人は、信頼できる店や店員を見分けるのは難しいです。
お店によってはメーカーから派遣されてきた店員もいるので、
同じメーカーばかり進める人は要注意です。
海外メーカーばかり進める店員も危険です。輸入代理店と組んでる可能性があります。
あなたが自分で聴いて、あなたが良いと思った物を候補にしましょう。
しかしながら、信頼できる店員さんも実際おられます。
業界の裏情報とかいろいろ教えてくれる人もいました。
しかし、なかなか見つけるのは困難でしょうね。
困ったら私の所に相談してください。
いつでもお問い合わせください。

・プロ用の機器が最高だと言ってる人がいますが、それはありえない。
まずPA用途の機材は家庭で使う物ではないし、使えたものではないです。
家庭用オーディオと、屋外等で使用するPAでは、用途が全く違います。
屋外で使うPA機材は、耐久性があり小出力でも大音量が出る性能が必要です。
なので外装は樹脂製の安物、ユニットも大音量が出て耐久性を重視した物が基本です。
音の良さなど基本関係ないので、家庭で使って良い音がでるわけありません。
実際に私も聴いたのですが、パサパサの乾いた音で解像度も悪く低音も全く出ない。
オーディオとしての機能は全く果たしていませんし、こんなの家で使えません。
また業務用アンプですが、良い音の物もあると思います。
しかし、実際聴けば判りますが、ホームホーディオのアンプの方が音は良いです。
豪快さやパワー感は優れていますが、繊細な描写や潤いが全く無いので直ぐに飽きます。
スタジオ用の屋内で使うスピーカーは、家庭でも素晴らしい物が多いです。
ヤマハ1000M、B&W、TAD、ムジ-ク などが挙げられます。
どこかのケーブル屋さんは、スタジオ用途とPA用途を間違われたのでしょうか?

・スピーカーはヴィンテージの方がコスパは圧倒的に高いです。
昔は本当に魅力的なスピーカーが多かったです。
しかし現在はトールボーイか小型のブックシェルフしか無く、しかも非常に高額です。
国内メーカーは壊滅状態になり、評論家ご用達の海外メーカーが主流になってきました。
それに70年代にあった魅力的で個性的なラインナップは全く無くなってしまいました。
無機質な同じようなスピーカーばかりになってしまい、非常に寂しい現状が続いています。
90年代初頭のセプター1001は、現在の60万のスピーカーを遥かに上回ります。
材料が高騰してきたのもありますし、昔のように数が売れないために高額な金型や生産ラインを築くのもメーカーにとっては非常に勇気のある事になってきました。
昔のように数が造れないという事は、同じ性能でも高額になってしまいます。
という理由で、スピーカーはヴィンテージ、特に国産が素晴らしいです。
なにわレトロにいっぱいあるので、ぜひ聴きに来てください!!

・昔のアンプも良いですよ!
アンプのお勧めは、個人的には1970年代か2000年代のアンプです。
まず、70年代のアンプはやはり銘機がかなり多いです。
オーディオ全盛ですから、各社から非常に素晴らしいアンプが多数販売されていました。
またデザインも魅力的で素晴らしく、メンテナンス品でも比較的安価に購入可能です。
それで一気に飛んで2000年代に入りますが、この時代のアンプはかなり良いです。
トーンコントロール等の各種機能を削ったシンプルなアンプが多くなったのもこの頃。
その分音に注ぎましたと言う感じで、銘機も多かったです。
特にオンキヨーのA-1VLは素晴らしかったです。
そして、まだ比較的新しいので故障やトラブルも少ないのが利点です。
また価格も下落傾向にあるので、お買い得です。

・中古アンプは故障のリスクが高いが、スピーカーはまず大丈夫。
当店ではスピーカーも全てオーバーホールしています。
なので、運送事故や過大入力以外で壊れる事はほぼありません。
十年以上は軽く大丈夫でしょう。
ヴィンテージアンプになると、一気に故障のリスクは高くなります。
修理したやつでも数年でおかしくなる事は普通にあります。
これは50年近く経った電化製品を使ってる以上、避けられない事です。
しかしながら新品でも最近は造りが荒い物も多く、直ぐに壊れたという話も聞きます。
実際私も新品で購入したアンプが、一年持たずに壊れたことがあります。
そう考えると、電化製品特有のリスクはどちらにも付きまといますね。
当店では、アンプは有料にはなりますが、出来る限りアフターフォローに努めます。
※やはり2000年代のアンプは比較的新しい分、狙い目でもあります。

・レコードプレーヤーもヴィンテージがお得です!!
CDプレーヤーは、新品もしくは中古でも比較的新しい物をお勧めします。
回転系が壊れると旧いプレーヤーは修理不能になるので、注意が必要です。
CEC、アキュフェーズ、デノン、のアフターは優れているので、
有償で旧いプレーヤーの修理メンテナンスは可能な場合が多いです。
逆に家電メーカーは7年ほどでパーツを廃棄しますので、修理は受け付けてくれません。
最初にアフターが優れているメーカーを選んで買うのも良いでしょう。
レコードプレーヤーは新品の値段が最近やたら高いような気がします。
レコード全盛の70年代から80年代にかけて数多く生産され、素晴らしい物も多いです。
また流通量が多いので、比較的状態の良い物も手に入れやすいです。
修理も可能な物が多いようですので、費用対効果なら中古の方が優れています。
ただしジャンク品はまず無理ですので、価格は高くても動作保障のある物を買いましょう。

・スピーカーと同じくらい重要なのは部屋になります。
スピーカーと同等かそれ以上に考えなければいけないのは”部屋”になります。
基本的に大きいスピーカーを使うのなら、広めの部屋を確保した方が良いです。
一般的な住宅なら1階の広めの部屋が良いでしょう。
ただし最初から置ける部屋が決まっている等、限界があるのも事実だと思います。
当店が販売している30cmウーハーのスピーカーならば、6~8畳あれば大丈夫です。
次に部屋と同等の価値があるのは、セッティングになります。
簡単に言えばスピーカーの置き場所や置き方の事ですが、これもかなり重要です。
また、スピーカースタンドや台も必ず必要になってきます。
これがまともに出来ていないと、どんな良い機器も本来の性能を発揮できません。
また機器の音が悪いと勘違いしてしまい、無駄な買い替えを連発する元にもなります。
そうなる前に、当店に一度ご相談頂けると幸いです。
当店では有料で出張セッティングも行っていますので、ぜひご利用ください。

・スピーカーや部屋と同等以上に大切な事があります!!
これは残酷な真実ですが、マンションやアパート等で極端な小音量しか出せない場合は、
高額なオーディオ機器を入れるのは全く持って金の無駄です。
極小音量しか出せない状況で、高級オーディオを買っても本当に金の無駄です。
そんな事に数百万をつぎ込むのなら、そのお金を部屋の防音につぎ込んでください。
そして当店で合計金額15~20万位のスピーカーとアンプをご購入ください。
プレーヤーもお勧めのお店をご紹介させていただきます。
その方が、高価格なスピーカーやアンプを購入するよりも遥かに良い音で聴けます。
人間の耳は、大音量の方が低音と高音の感度が高く遥かに良い音に感じるのです。
小音量のときに、低音が物足りなくて音量を少し上げてしまうのはこの為です。
つまり、小音量だと良い音で聴けないという事です。
これは100パーセント確信を持って言えますので、間違えないでいただきたい事柄です。

・音楽がメインなら、ホームシアター(5,1ch)を導入してはいけません。
私もホームシアターやってましたが、すぐに辞めました。
あなたが何を中心に”音”を楽しむかを最初に考えてください。
映画しか見ないのであれば別ですが、音楽DVDやCDの比率が少しでも高ければ、
ホームシアターを導入すると必ず後悔します。
普通のステレオで、DVDプレーヤーをTVとオーディオ機器に繋ぐのが無難です。
私も昔馬鹿だったので、映画をほとんど見ないのにホームシアターを最初に導入しました。
何も知らなかったから”5.1chは音が良い”と思い込んでたのです。
結果、後ほどステレオの方が遥かに音が良いと判ったので、辞めました。
同じ金額を出すのなら、ステレオの方が遥かに音が良いのは今更ながら明白です。
またAVアンプ等のホームシアター系の機器は、買取が非常に安いです。
オーディオ初心者のあなたに最も気をつけていただきたい事柄です。

・ケーブルで音を良くするなんぞ、出来る訳がありません。
特に初心者の方でオーディオ雑誌を読む人にありがちなパターンです。
ハッキリ言ってやたら高額なケーブルを買っても、ほとんど音は変わりません。
雑誌とかは、ケーブルが非常に重要かのごとく書かれていますが嘘八百です。
また一部オーディオ店の主張では、ケーブルやアクセサリーで自分好みの音を作ってくれという店もありますが、そんなの不可能です。
試聴もできないのに、どれだけ買えば自分の好みの音を作れるのでしょうか?
下手したら機器よりも金が掛かってしまうかもしれません。
そんな事よりも遥かに大切なのは、上で紹介したばかりです。
初心者の方は特にこれを間違えないようにしていただきたいと思います。
それにケーブル類で”音が激変した”と言うことは、まず有りえません。
ケーブルはそんなに重要なアイテムではありません。
使うのであれば、プロ用のケーブルで充分です。

・電源環境は一つ間違えると害でしかないので、要注意です!!
雑誌とかの影響で電源関連が重要と書かれています。
(電柱を建てるとかはアホのやる事なので、無視いたします。)
電源は重要かもしれませんが、最も失敗しやすい場所でもあります。
電源環境の改善に最もメジャーな方法として、電源トランスの存在があります。
アイソレーショントランスと言われる奴ですが、これがまた厄介なのです。
ほとんどのトランスが、改善どころか何も変わらないのです。
それどころか音が悪くなるトランスも存在します。
なので、アイソレーショントランスは導入しない方が無難です。
それにやたら高額な壁コンセントや電源タップも導入する必要は無いでしょう。
ケーブルと一緒でほとんど変わらないのがオチです。
こちらも最も気を付けていただきたい事柄です。
しかし、ケーブルや電源関係もやり方次第で充分音を良くすることが可能です。
高い金を掛けなくても、本当に良い物を使えば音を良くすることが可能です。
ケーブルや電源関係のお勧めは、お買い上げの際にご質問頂けたらと思います。

・この世に完璧な商品やサービスはございません。
オーディオでも何でもそうですが、この世に完璧な商品は存在しません。
どんなジャンルでも完璧に鳴らせるオーディオ機器は存在しません。
完璧を求めると、超高額なケーブルや、部屋に置くだけで音が変わるとかいうオカルト商品や、電柱を建てるというぶっ飛んだ行為等、変な事に無駄な金を突っ込むだけです。
また無駄にスピーカーや機器を高額なモノに買い換えてしまいます。
完璧を求めるという事は、無いものを求めると言う変な哲学に走っているだけです。
オーディオにおいても何でもですが、欠点を許容する心を持ちましょう。
逆に向き不向きを見据えて、ジャンルやアーティスト別にスピーカーを数セット揃えるのは有りでしょう。
当店なら、オカルト商品よりも遥かに安い価格で良質なスピーカーをお求めいただけます。

・初心者の方もそうでない方も、一度ご相談ください。
お問い合わせ、ご来店、心よりお待ちしております。
そしてご購入いただければ、必ずあなたのご満足に答えます。
とりあえず初心者の方に注意事項です。
まず素人の人に聞くと頓珍漢な事を言われて、速攻で間違えるので注意が必要です。
私がホームシアターで失敗したのも、身内にと適当なアドバイスを貰ったからです。
雑誌は信じると碌な事にならないし、ネットも危険です。
オーディオ屋の店員も良い人を見つけないと、店側の都合の良い物を薦めてきたりして、
あなたの立場になって考えてくれません。
あなたが今迷われていたり悩まれているのなら、まず私にご相談ください。
必ず良い方向に解決いたします。
お問い合わせ、お待ちしております。

PAGE TOP