野見祐二 猫の恩返し サウンドトラック

スタジオジブリが2002年に公開した「猫の恩返し」のサウンドトラックのご紹介です。
当時それなりにヒットした映画ですが、これまでのジブリ作品と違いお気軽な内容で、絵柄もこれまでと随分異なる異色作です。

そんな「猫の恩返し」のサントラですが、非常に素晴らしい作品でオーディオマニアにもお勧めの盤です。
演奏が東京フィルハーモニー交響楽団で、一流のオーケストラ演奏を聴かせてくれます。

映画の内容はお気軽なのに、壮大で煌びやかな美しい音楽で占めています。
それでいて、この映画の内容から逸脱しないチャーミングな楽曲ばかりで、とても聴きやすいです。

特にクラシックはあまり好きでない人にお勧め。
お気軽に美しいオーケストラを楽しめる作品としてお勧めできます。

最後に「つじあやの」の「風になる」が収録されていますが、これがまた違和感無く上手い事収まってるんです。
ボーナストラックには、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏も数曲入っており、非常に贅沢なサントラです。

中古屋でもアマゾンでも比較的安価に入手可能です。

関連記事

PAGE TOP